top of page

社員食堂の代わりに弁当の出張販売を検討してみませんか?その魅力をご紹介



|目次

 ・コスト削減

 ・導入のしやすさ

 ・社員のニーズに応える

 ・複数拠点での導入が可能

 

社員食堂の課題と新たな対策



社員食堂は企業にとって重要な存在です。それは社員の満足度向上や社員間のコミュニケーション促進に大きく寄与します。しかし、その運営には企業にとって多くの課題が存在します。


最も大きな課題は、コスト面が挙げられます。運営会社への運営費や人件費・食材費・食堂区画の賃料と非常に大きなコストが必要です。これらのコストは大企業ではリスク・リターンが合うかもしれませんが。中小企業には難しい場合はあります。また、食材の廃棄問題も重要な課題で、食材を余らせないためのメニューの工夫や発注量の調整が求められます。


第二に、食事の多様性とバランスです。健康的な食生活を送るためには、栄養バランスが整った多様なメニューが求められます。しかし、社員の食事ニーズは多様で、全ての社員の好みに合わせたメニューを提供することは困難です。


これらの課題を解決しながら、新たな食事提供の形として「弁当の出張販売」が注目されています。これは、予め作られた弁当を企業に持ち込み、社員が直接購入するという形式です。

導入企業の視点から見ると、多くのメリットがあります。まず、運営費を大幅に軽減することが可能です。また、さまざまな種類の弁当を用意することで、社員の多様な食事ニーズに対応することが可能となります。導入ハードルも低いために食の福利厚生のエントリーとしては非常に始めやすいというメリットもあります。


本記事では、「弁当の出張販売」がなぜ社員食堂の代替として優れているのか、その理由と具体的な実施方法について詳しく解説します。これからの社員食堂の運営を見直すきっかけになれば幸いです。





弁当の出張販売とは

「弁当の出張販売」とは、従来の社員食堂の代わりに、弁当を社内の休憩所やカフェスペースで昼の時間だけ販売し、社員が選んで購入する形式のことを指します。具体的には、専門の弁当屋が製造した様々な種類の弁当を社員に直接販売するシステムです。


従来の社員食堂の運営とは異なり、運営費を低く抑えることができることと、社内のスペースを大きくとならなくも導入可能です。。弁当の種類も多岐にわたるため、社員個々の食事ニーズに対応することが容易になります。

運営企業は販売スタッフを派遣して弁当販売の準備・販売・片付けを行いますので導入企業は運営の手間はありません。また複数の弁当屋の商品を販売しているサービスもあり、メニューに飽きた場合にメニューの刷新や弁当屋の入れ替えがフレキシブルに可能であるというメリットもあります。




弁当の出張販売が社員食堂に代わるメリット

「弁当の出張販売」が社員食堂の代替選択肢として良い理由を次のような点から解説します。


1. コスト削減

弁当の対面販売の最大の特徴は、特別な厨房設備が不要である点です。これにより、設備の維持費、食堂スペースの賃料、運営コストを大幅に節約することが可能となります。これは財務面で企業をサポートます。


2. 導入のしやすさ

社員食堂とは違い弁当の対面販売は導入がとても手軽であるということがあります。販売に必要な備品は販売台などの販売備品のみとなりますので工事などは必要なく導入決定から短い期間で販売スタートすることが可能です。


3. 社員のニーズに応える

弁当の対面販売では、様々な弁当屋でつくった弁当を集めるというシステムをとっているサービスもありその場合は非常にバラエティ豊かなラインナップが可能となります。またメニューに飽きることから弁当屋の刷新もフレキシブルに実行することが出来ます。


4. 複数拠点での導入が可能

ビルの各フロアや離れた場所にあるオフィスでも、弁当の対面販売ならば手軽に導入可能です。これにより、複数の拠点でも一貫した食事サービスを提供でき、社員の満足度を一層高めることができます。


これら「弁当の出張販売のメリット」を活かすためには、適切な導入方法が必要です。次のセクションでは、弁当の対面販売を実現するための具体的なステップについて解説します。





弁当の出張販売の実施方法

弁当の対面販売を効果的に運用するための具体的な手順とアドバイスを以下に示します。


1. 適切な提供業者の選定

対面販売の成功には、信頼性と品質を保証できる弁当屋の選定が欠かせません。これらの弁当屋のプラットフォームとして様々な弁当屋の商品が販売できるサービスと弁当屋が自身の商品を販売しているタイプとありますのでそこを確認しましょう。


2. 販売スペースの設定

適切な販売スペースを設けることも重要です。従業員が購入しやすい場所であることがとても重要です。販売台や列形成のためのスペース、適切な通路の確保など、スムーズな運営のためには十分なスペースと効率的なレイアウトが求められます。


3. メニューの決定と情報共有

社員の食事ニーズに応じたメニューの選択と、その情報の共有が必要です。ランチの食事サービスはメニューの飽きや健康的な食事あるかまた価格がとても重要になってきますので自分の会社ではどの点を重要視するか事前に決定しておくことが良いでしょう。


これら「弁当の出張販売の実施方法」を遵守することで、弁当の対面販売をスムーズに運用し、社員の満足度を最大化することができます。企業の食事提供方法としての新たな選択肢として、ぜひご検討ください。





弁当の出張販売、社員食堂の新たな選択肢

本記事を通じて、「弁当の出張販売」が社員食堂の新たな選択肢となりうることを理解していただけたことでしょう。そのメリットと実施方法を考慮に入れることで、企業の食事環境の改善につながる可能性が高いです。


社員食堂の運営に伴う課題に直面している企業は、弁当の対面販売をぜひ検討してみてください。コスト削減、導入の手軽さ、社員のニーズへの応答力、そして複数拠点での導入の容易さ、これらが弁当の対面販売が提供する魅力的な利点です。


最終的には、企業の状況と社員のニーズに合わせた最適な解決策を選択することが重要です。「弁当の対面販売」はその一つの有効な選択肢となりえます。企業の食事環境を改善し、社員の満足度を向上させるための新たな一歩として、ぜひ考えてみてください。




 

|社員食堂に代わる弁当の出張販売サービスの紹介


「社食DELI」ならどんな条件にも対応可能

社食DELIは通常価格での販売はもちろんのこと、企業様がお弁当代を一部や全額補助しての販売も対応可能なので福利厚生費の条件に対応した食事補助の導入が可能です。

下のボタンからサービス詳細をご覧ください!




Comentários


_DLバナー._001_restored.jpeg
230323_FBbanner_A_01 (1).jpg

カテゴリで探す

最新の記事を見る

お役立ち資料ダウンロード

福利厚生
福利厚生入門書 表紙.png

「”福利厚生”入門書 -社食サービスの選定ポイント付き-」

福利厚生について知っておきたい基本情報

担当者になったらまずは押さえておきたいポイントをまとめました。

​社食サービスの選定ポイントもあるので参考にしてみてください。

bottom of page