top of page

ABWとは?オフィス労働を変革するメリット・デメリット・課題と解決策を徹底解説



近年、働き方改革の一環として、オフィス環境において注目されているのが「ABW(Activity Based Working)」です。この記事では、ABWの定義と概要、そして働き方におけるABWの意義について解説していきます。ぜひ、ABWを理解し、オフィス環境の改善に役立てていただければと思います。


|目次

・労働生産性の向上

・ココミュニケーションの促進

・働きやすさの向上

・オフィスの空間効率とコスト削減

・働く場所の多様性

・コミュニケーションの困難さ

・環境適応にかかる時間とストレス

・労務管理の難しさ

・ITインフラやセキュリティ対策への投資が必要

・対面でのコミュニケーションが減少

 

|ABWの概要


ABWとは、Activity Based Workingの略で、「作業に応じた働き方」を意味します。従来の固定席ではなく、その日の業務内容や目的に応じて、最適な場所で働くという考え方です。例えば、集中して仕事をしたいときは静かな場所で、チームでの打ち合わせを行いたいときはコラボレーションスペースで働くといった具合です。

この働き方は、オフィス内に様々な機能や設備を配置し、従業員が自由に選択して働けるようにすることが特徴です。そのため、ABWを導入する際は、オフィス空間のデザインやレイアウトにも工夫が必要になります。

また、ABWはオフィス以外にも自宅やカフェなどでの柔軟な働き方をすることも指します。従業員は業務内容や気分に合わせて、働く場所を自由に選択できるため、働きやすさが向上し、満足度が高まります。


|ABWのメリット

ABW(Activity Based Working)は、様々なメリットをもたらす働き方です。


労働生産性の向上

従業員がその日の業務内容や目的に応じて、最適な場所で働くことができます。これにより、集中力や効率が向上し、結果的に労働生産性が向上します。


コミュニケーションの促進

固定席に留まらないABWでは、従業員同士の交流が増えることが期待できます。そのため、新たなアイデアや意見交換が活発になります。


働きやすさの向上

従業員が自分にとって最適な環境で働くことができるABWは、ストレスが軽減され、働きやすさが向上します。また、柔軟な働き方が可能になることで、従業員満足度も高まります。


オフィスの空間効率とコスト削減

従業員が柔軟に働くことができるため、オフィスの使用効率が向上します。固定席を持たないことで、従業員が柔軟に働くことが可能となり、オフィスをより効率的に利用することができ、これにより、オフィスの規模が縮小され、コスト削減につながることも期待できます。


働く場所の多様性

オフィス以外の場所でも働くことを推奨するため、従業員は自宅やカフェなど、様々な場所で働くことができます。これにより、従業員のワークライフバランスが向上し、企業の魅力も高まります。


このように、ABWはオフィス内外を問わず、従業員が最適な場所で働くことができる働き方です。その結果、労働生産性の向上、コミュニケーションの促進、従業員満足度の向上など、さまざまなメリットが期待できます。


|ABWのデメリット

前章では、ABW(Activity Based Working)のメリットについて紹介しました。

しかし、ABWにはデメリットも存在します。


コミュニケーションの困難さ

メリットで紹介したように普段話さない人とのコミュニケーションが促進される一方で、ABWでは、従業員がオフィス内で自由に移動するため、必要な相手がすぐに見つからないことがあります。その結果、コミュニケーションが取りづらくなることがあります。


環境適応にかかる時間とストレス

従業員が毎日違う場所で働くため、環境に慣れるまでに時間がかかることがあります。また、自分に適した場所を見つけるために、毎日のように場所を探すストレスが生じることがあります。


労務管理の難しさ

従業員がオフィス内外で自由に働くため、労務管理が難しくなることがあります。そのため、労働時間の管理や成果評価が煩雑になることがあります。


ITインフラやセキュリティ対策への投資が必要

コロナ禍で既にリモート対応が行われている企業はあまりデメリットではありませんが、ABWではリモートでの働き方が増えるため、ITインフラやセキュリティ対策の強化が必要になります。そのため、企業にとってコストがかかることがあります。


対面でのコミュニケーションが減少

オフィス以外の場所で働くことが増えるため、対面でのコミュニケーションが減少する可能性があります。その結果、チームの結束力やコミュニケーションの質が低下する恐れがあります。


|ABW導入の課題と解決策

これまで、ABW(Activity Based Working)のメリットとデメリットをご紹介しました。

今回は、ABW導入の際に遭遇する課題とその解決策について紹介します。


1.課題:コミュニケーションの困難さ

ABWでは場所を選ばずに働くことが可能となりますが、その結果、チームメンバーや部署間での直接的なコミュニケーションが取りづらくなる可能性があります。これは誤解を生むだけでなく、チームの一体感やモチベーションにも影響を及ぼす可能性があります。

解決策

定期的なオンラインミーティングの設定やチャットツールを活用したコミュニケーションの促進が挙げられます。また、定期的なオフラインのミーティングや社内イベントを設けることで、社員間の結束力を保つことも重要です。


2.課題:環境適応にかかる時間とストレス

従業員が毎日違う場所で働くため、環境に慣れるまでに時間がかかることが課題です。

解決策

オフィス内に様々なワークスペースを設け、従業員が自分に合った場所を選べるようにします。また、オフィス内の案内や予約システムを整備することで、スムーズに場所を選べるようになります。

社外で働く場合にも会社としてコワーキングスペースを契約するなどして、場所を探す手間を軽減させましょう。


3.課題:労務管理の難しさ

従業員がオフィス内外で自由に働くため、労務管理が難しくなることが課題です。

解決策

成果主義の評価制度を導入し、労働時間ではなく成果を評価することで、労務管理の負担を軽減します。また、勤怠管理システムを導入し、労働時間の管理を効率化します。


4.課題:ITインフラやセキュリティ対策への投資が必要

リモートでの働き方が増えるため、ITインフラやセキュリティ対策の強化が必要になることが課題です。

解決策

クラウドストレージやVPNなどの環境を整えることで、データの安全性を確保します。また、従業員に対してセキュリティ意識の向上を図るための研修やガイドラインを提供し、安全なリモートワークを実現します。


5.課題:職場の雰囲気づくり

固定席がなく自由な働き方が前提となるため、職場の雰囲気作りが難しくなることが課題です。

解決策

定期的にオフィスでのイベントや勉強会を開催し、社員同士の交流の場を設けることで、チームワークを深めます。また、リモート勤務中でもオンラインでのコミュニケーションを促すため、社内SNSやビデオ会議ツールの活用方法などをしっかりと定めて、従業員同士のつながりを保ちます。



|オフィス環境改善の際に食事提供も検討「社食DELI」

多様な働き方を推奨する一方でオフィスで働くことに対する価値付けをどうするのかも課題になってきています。

「社食DELI」は豊富な種類のお弁当をオフィスで販売するサービスです。従業員にとってランチは仕事の活力となる大事なものですので一度検討してみてはいかがでしょうか。


_DLバナー._001_restored.jpeg
230323_FBbanner_A_01 (1).jpg

カテゴリで探す

最新の記事を見る

お役立ち資料ダウンロード

福利厚生
福利厚生入門書 表紙.png

「”福利厚生”入門書 -社食サービスの選定ポイント付き-」

福利厚生について知っておきたい基本情報

担当者になったらまずは押さえておきたいポイントをまとめました。

​社食サービスの選定ポイントもあるので参考にしてみてください。

bottom of page