top of page

オフィスでのランチに革命!デリバリーサービスのメリットと活用法


社内コミュニケーション活性化

近年、オフィスでのランチ環境は大きな変化を遂げています。かつては社員食堂や近隣のレストランを利用するのが一般的でしたが、現代のオフィス環境では、より多様な選択肢が求められています。本記事ではオフィスランチの新しいトレンドと、その中でも特に注目されているデリバリーサービスのメリット紹介します。


目次


 

デリバリーサービスが注目される背景

テクノロジーの進化や働き方改革の影響を受け、オフィスでの働き方が多様化してきました。リモートワークの普及やフレックスタイム制度の導入など、多くの企業が柔軟な働き方を推進しています。このような背景から、ランチタイムも従来の固定的なスタイルから、個々のライフスタイルや仕事の進め方に合わせた選択が可能となってきました。その筆頭として特に注目されているのがデリバリーサービスです。




デリバリーサービスのメリットとデメリット


<メリット>

メニューの多様性

デリバリーサービスを利用することで、さまざまな料理やメニューから選択することができます。これにより、日々の食事が豊かになり、飽きのこないランチタイムを実現できます。特定のダイエットやアレルギーに対応したメニューも増えており、個々のニーズに合わせた食事選択が可能です。


利便性

デリバリーサービスの導入により、ランチの準備や外出の手間が省けます。特に都心部では、ランチタイムの混雑を避けることができるのは大きなメリットとなります。


時間の節約になる

オンラインでの注文や支払いがスムーズに行えるため、ランチの準備や待ち時間を大幅に削減できます。これにより、ランチタイムを有効に使うことができます。


<デメリット>

コストがかかる

一食あたりのコストが高くなることがあります。特に高級な料理や特定のダイエットメニューを選択する場合、コストが増加する傾向があります。


メニュー選択の難しさ

多様なメニューからの選択は、時に迷いや選択のストレスを感じることがあります。特に大人数での注文時に、選択を迅速に行うのは難しい場面も考えられます。


品質のばらつき

レストランや提供元によって、料理の品質や味にばらつきが生じることがあります。また、配達中の事故や遅延による品質の低下も考慮する必要があります。



社員食堂とデリバリーサービスの違い

多様性の面

デリバリーサービスは、様々なメニューから選択可能なのに対し、社員食堂は限られたメニューからの選択となることが多いですが、安定したメニュー提供が期待できます。


利便性の面

デリバリーサービスは、オフィス内での食事の準備や外出が不要となり、ランチタイムを効率的に過ごすことができるのに対し、社員食堂は建物内に位置しているため外出は不要ですが、社員食堂に移動する時間や注文のために列に並ぶ時間が発生します。


健康面

デリバリーサービスでは、健康的な食事や特定のダイエットに対応したメニューの選択が容易です。社員食堂も健康志向のメニューを取り入れる動きが見られますが、選択の幅はデリバリーサービスに比べて狭いことが多いです。


コスト面

社員食堂は、一食あたりのコストが低く抑えられる傾向にありますが、食堂を設置するための初期費用が多額にかかります。一方、デリバリーサービスはメニューの多様性や利便性を享受する代わりに、一食あたりのコストが高くなることもありますが、大量注文や定期注文を活用することでコストを抑えることも可能です。


コミュニケーションの場として

社員食堂は、複数人が利用できる食事の場が提供されていることで交流の場としての役割も果たします。デリバリーサービスを利用する場合、複数人で注文して休憩室や会議室などで喫食することでコミュニケーションの場となります。




オフィスにデリバリーサービスを導入するときのポイント

どのサービスを選ぶか

デリバリーサービスの導入を考える際、まずはどのサービスを選ぶかが重要な判断ポイントとなります。以下の点を考慮して、サービスの選定を行うとよいでしょう。


メニューの多様性:さまざまな料理やダイエットメニューが選択できるサービスを選ぶことで、社員のニーズに幅広く応えることができます。

コストパフォーマンス:予算に合わせて、最もコストパフォーマンスの高いサービスを選定することが求められます。

評判やレビュー: 他の企業やユーザーのフィードバックを参考に、サービスの品質や信頼性を確認することが大切です。


社員のニーズを把握する

デリバリーサービスの導入に際しては、社員のニーズや要望をしっかりと把握することが必要です。アンケートやミーティングを通じて、以下の点を確認するとよいでしょう。


好みの料理やジャンル:どのような料理やジャンルが求められているかを把握します。

アレルギーやダイエットの要望:個々の健康やダイエットのニーズに応じたメニュー選択ができるかを確認します。


安全性と衛生面の確保

デリバリーサービスの場合、店舗が商品を調理してから喫食するまでの時間が空くことがあります。そのため、安全性や衛生面も大切な考慮点となります。以下のステップを踏むことで、安全にサービスを利用することができます。


提供元の衛生管理:サービス提供元の衛生管理体制や認証を確認します。

配達時の安全対策:配達員の健康管理やマスクの着用など、安全対策が徹底されているかを確認します。





「社食DELI」は弁当販売とデリバリーサービスの良いとこどりが可能

本記事ではデリバリーサービスのメリットや社員食堂との違いについて解説しました。デリバリーサービス導入の成功の鍵は、適切なサービスの選定、社員のニーズの把握、そして安全性と衛生面の確保にあります。導入前には、メニューの多様性やコストパフォーマンス、サービスの評判をしっかり調査しましょう。


「社食DELI」は対面の弁当販売サービスですが、弊社が運営しているデリバリーサービス「お弁当デリ」で販売している弁当も販売することが出来るため、多様なメニューから選定可能です!企業様のニーズに合わせた方法で導入が可能です。詳しくは下のボタンからご覧ください!



Comentarios


_DLバナー._001_restored.jpeg
230323_FBbanner_A_01 (1).jpg

カテゴリで探す

最新の記事を見る

お役立ち資料ダウンロード

福利厚生
福利厚生入門書 表紙.png

「”福利厚生”入門書 -社食サービスの選定ポイント付き-」

福利厚生について知っておきたい基本情報

担当者になったらまずは押さえておきたいポイントをまとめました。

​社食サービスの選定ポイントもあるので参考にしてみてください。

bottom of page