top of page

社食の新常識である弁当の対面販売のメリットとは



|目次

1.はじめに

2.社食の新常識としてなぜ「弁当販売」なのか?

3.弁当販売のメリット

4.まとめ

 

はじめに

社食は長らく企業の福利厚生として、また社員のコミュニケーションの場として大いに役立ってきました。しかし、近年では働き方の多様化やリモートワークの増加、さらには健康と安全性への要求が高まる中、その運営には多くの課題が生じています。この記事を読むことで、そんな課題に対処する新しい手段として「弁当販売」のメリットと、その導入のステップバイステップガイドについて詳しく知ることができます。






社食の新常識としてなぜ「弁当販売」なのか?

なぜ弁当販売が社食の新常識となりつつあるのか、その理由について詳しく解説します。




・柔軟性が高まる

従来の社食は一定のメニューと時間に縛られる場合が多いですが、弁当販売ならばそのような制約が少なく、より多くの選択肢が提供されます。例えば、リモートワーク中でも事前に発注すれば自宅に届けてもらうことができるでしょう。柔軟性が高まると、働き方自体も多様になります。


・社員満足度の向上

好みのメニューを選べる自由度、また予算に応じて選べる弁当は、社員の満足度を向上させる要素となります。

これらの点からもわかるように、弁当販売は多くのメリットをもたらします。具体的な利点について、次の節で深掘りしていきましょう。




弁当販売のメリット

弁当販売には次のようなメリットがあります。




多様性: 豊富な選択肢で個々のニーズに応える

弁当販売の魅力は何といってもその多様性です。和食から洋食、健康志向からガッツリ系まで、選べるメニューが広範です。この多様性が、社員の満足度を高めるだけでなく、個々の食文化やライフスタイルに合わせた選択を可能にします。


便利性: 忙しいビジネスライフをスムーズに

弁当だと自分の席や会議をしながらなど忙しいビジネスライフのなかでも時間を有効活用して食事をとることができます。


健康志向: 身体も心も元気に

弁当販売で選べる健康志向のメニューは、社員の健康を守る強力な味方です。カロリーや糖質を気にする方には低糖質メニューや、オーガニック素材を用いた健康弁当があります。これにより、疲れ知らずの健康な職場環境を作り上げることができます。



まとめ


弁当販売は社食の新常識として注目を集めています。多様な選択肢と便利性を提供しつつ、企業としては運営コストの削減も見込めます。この記事で紹介したステップバイステップガイドを参考に、社員の健康と満足度を高める弁当販売の導入を検討してみてはいかがでしょうか。



 

|社員食堂に代わる弁当の出張販売サービスの紹介


「社食DELI」ならどんな条件にも対応可能

社食DELIは通常価格での販売はもちろんのこと、企業様がお弁当代を一部や全額補助しての販売も対応可能なので福利厚生費の条件に対応した食事補助の導入が可能です。

下のボタンからサービス詳細をご覧ください!




Commentaires


_DLバナー._001_restored.jpeg
230323_FBbanner_A_01 (1).jpg

カテゴリで探す

最新の記事を見る

お役立ち資料ダウンロード

福利厚生
福利厚生入門書 表紙.png

「”福利厚生”入門書 -社食サービスの選定ポイント付き-」

福利厚生について知っておきたい基本情報

担当者になったらまずは押さえておきたいポイントをまとめました。

​社食サービスの選定ポイントもあるので参考にしてみてください。

bottom of page