top of page

あなたの会社に合ったオフィス弁当サービスの選び方を紹介|4つのタイプの弁当サービス



|目次


 

オフィス弁当サービスの利点

日々の勤務において、ランチタイムは一息つく大切な時間ですよね。さて、あなたのオフィスでのランチはどのように過ごしていますか?今回は、働く皆さんのランチタイムをより便利で充実したものにするオフィス弁当サービスの魅力についてご紹介します。


まずはじめに、オフィス弁当サービスと言ってもその形は様々です。注文して弁当を配達してくれるだけでなく、社内で弁当を販売したり、冷蔵庫を設置して惣菜やパンを販売できたり、冷凍弁当を提供したりと、様々なサービスがあります。それぞれのサービスには特徴と利点があり、それぞれの職場やライフスタイルに合わせて選ぶことができます。


そんな中でも、オフィス弁当サービスの最大の利点と言えるのは、その便利さです。忙しい日々の中で、外へ食事に行く時間がない、または自分でお弁当を作る余裕がないという方にとっては、オフィスまで弁当が届くというサービスは非常にありがたい存在と言えます。注文はネット上で簡単にでき、好みのメニューを選ぶことが可能なのも大きなメリットです。


それぞれの職場やライフスタイルに合わせて選ぶことができる様々な形式のサービスが存在します。働く皆さんのランチタイムをより良いものにするため、ぜひオフィス弁当サービスの利用をご検討ください。





配達型の注文弁当

昔は「産業給食」や「仕出し弁当」と言われた弁当が配達型の注文弁当です。その名の通り、事前に注文した弁当が事務所まで届けられるサービスです。配達型の注文弁当の最大の利点はその利便性です。その日の朝にネットや電話で注文をするだけで、事務所までお弁当が配達されます。外出せずに食事が手に入るため、忙しい日々を送るビジネスパーソンにとっては大変便利なサービスと言えます。比較的に安価なことも特徴です。同じ商品を大量生産してお届けすることが多いのでコストパフォーマンスが高い商品です。しかし、安さを追求するあまり、選べるメニューが少ないというデメリットもあります。


さらに、最近では個人での決済が可能なサービスも増えてきています。これにより、集金の手間が省けるだけでなく、支払いがスムーズに行えるというメリットがあります。


このような配達型の注文弁当は、スタッフの人数が少ない小規模オフィスや、ランチタイムに外出する時間が限られているオフィスなどに特に適しています。また、毎日の食事の手配に追われているという方にも、便利なサービスとなるでしょう。お弁当の玉子屋ごちクルnowがこのジャンルの代表的なサービスとなります。






|対面式の弁当販売

対面販売は、その名の通り、ランチの時間に販売員が直接オフィスに来て、従業員が弁当を選べる形式のサービスです・このサービス形式の最大の利点は、バラエティ豊かなメニューから直接選べるという点です。和洋中と幅広いジャンルの弁当が用意されており、その日の気分や体調に合わせて選ぶことができます。この選択の自由さは、社員食堂に近いレベルの満足度を提供します。また、従業員が直接弁当を選べるため、購入するまでのフローがスムーズで、待ち時間が少ないという効率性も利点として挙げられます。


しかしながら、この形式のサービスを導入する際には、販売スペースとなる休憩所やカフェスペースが必要になるという点を考慮する必要があります。また、社内に販売員が来るため、セキュリティ面でも配慮が必要となります。このような弁当の対面販売は、社員が多く、食事の場所が確保できる大規模なオフィスや、ランチタイムにバラエティ豊かなメニューを提供したいオフィスに特に適しています。ランチの選択肢を豊かにしたいと考えている場合、このサービス形式は非常に良い選択肢となるでしょう。社食DELIイナカデリコがこのジャンルの代表的なサービスとなります。





|冷凍弁当サービス

次にご紹介するのは、冷凍弁当サービスはクール便でダンボールで冷凍弁当がオフィスや自宅に到着します。そして設置した冷凍庫に保管し、必要なときに従業員がレンジアップすることで、いつでも新鮮な状態のお弁当を楽しむことができます。在宅ワークの従業員も自宅でサービスを受けることが可能です。これは、新型コロナウイルスの影響で在宅ワークが増える中で、そのニーズに応える形としてコロナ禍で急成長したサービスです。


また、冷凍弁当サービスは、低カロリーなヘルシーメニューを多く提供しています。これは、健康やダイエットに気を使う方々にとって、大きな利点となるでしょう。ヘルシーなメニューが充実しているため、毎日のランチ選びも楽しみになります。さらに、豊富なメニューが用意されていることも冷凍弁当サービスの大きな魅力です。和食、洋食、中華と、バラエティ豊かな選択肢から自分の好みに合わせて選ぶことができます。noshマッスルデリ がこのジャンルの代表的なサービスとなります。





置き型の冷蔵庫の惣菜サービス

置き型の冷蔵庫の惣菜サービスは、会社のオフィス内に冷蔵庫を設置し、様々な種類の惣菜を買うことができます。こうした惣菜は、個々に包装され、価格も比較的安いため、従業員が自分の好みや食事の量を自由に調整することが可能です。たとえば、ランチに腹一杯になるまで食事を楽しむことも、軽いスナックを取ることもできます。このサービスの大きな特長はその利便性です。従業員は自分のペースで食事を取ることができ、自分のスケジュールに合わせてランチの時間を設定できます。また、オフィス内に惣菜があると、ランチタイムに外出する時間を節約できます。

置き型の冷蔵庫の惣菜サービスを選ぶ際には、提供されるメニューの種類と質、価格、そしてサービスの信頼性などを確認することが重要です。また、配送ドライバーが定期的に補充を行い、冷蔵庫内の惣菜が常に新鮮で品揃えが豊富であることを確認すると良いでしょう。置き型の冷蔵庫の惣菜サービスは、特に少人数のオフィスや自由な働き方を推奨する企業に適しています。オフィスおかんESキッチン がこのジャンルの代表的なサービスとなります。





あなたのオフィスライフを支える弁当サービスの選び方

あなたのオフィスや会社で合った食事サービスを見つけるためにそれぞれの選び方についておさらいしていきましょう。

1つ目は"配達型の注文弁当"です。こちらは、一日のスケジュールが詰まっている方や、一人でのランチが多い方にはぴったりのサービスです。指定した時間に弁当がオフィスまで届くため、無駄な時間を使わずにランチタイムを過ごすことができます。


次に、"弁当の対面販売"について考えてみましょう。このサービスは、社内に弁当販売のスタンドが設置され、スタッフがその場で対応してくれる形式です。その日の気分によって選べるメニューの豊富さが魅力で、社員同士の交流も生まれるかもしれません。


"冷凍弁当"は、事前に大量に注文し、オフィスの冷凍庫にストックしておくことができます。突然の残業やミーティングが入った際でも、すぐに食事を取ることが可能で、安心感をもたらしてくれるでしょう。


最後に、"置き型の惣菜サービス"です。こちらは、事前に配達された食材を自分で調理するスタイルで、料理好きの方や、食事にこだわりを持つ方におすすめです。一つひとつの食材に触れることで、仕事の合間にリフレッシュする時間にもなります。


以上が、それぞれの弁当サービスの特徴と選び方です。自分のライフスタイルやオフィス環境により選択肢が異なることを理解し、最も効率的で楽しいランチタイムを過ごすためのサービスを選んでください。最適な選択をすることで、オフィスライフはさらに充実することでしょう。



 

|社員食堂にアクセントとして弁当の販売サービスの紹介


「社食DELI」ならどんな条件にも対応可能

社食DELIは通常価格での販売はもちろんのこと、企業様がお弁当代を一部や全額補助しての販売も対応可能なので福利厚生費の条件に対応した食事補助の導入が可能です。

下のボタンからサービス詳細をご覧ください!



Comentários


_DLバナー._001_restored.jpeg
230323_FBbanner_A_01 (1).jpg

カテゴリで探す

最新の記事を見る

お役立ち資料ダウンロード

福利厚生
福利厚生入門書 表紙.png

「”福利厚生”入門書 -社食サービスの選定ポイント付き-」

福利厚生について知っておきたい基本情報

担当者になったらまずは押さえておきたいポイントをまとめました。

​社食サービスの選定ポイントもあるので参考にしてみてください。

bottom of page