top of page

”ランチタイムと働き方”オフィスでの時間の使い方を意識しよう!



オフィスでのランチタイムは、一日の中で非常に重要な時間です。この短い休憩時間は、心身をリフレッシュし、エネルギーを補給する機会となります。しかし、ランチタイムが働き方やキャリアに及ぼす影響は、想像以上のものです。


ランチタイムを最大限に活用するためには、その過ごし方について意識をすることが必要です。ランチタイムの有効活用は、働き方自体にも影響し、生産性を向上させられるかもしれません。



|目次



 

|効率的な働き方をするためのランチタイムの過ごし方


ランチタイムの過ごし方は、パフォーマンスを大きく左右します。有効活用することで、オフィスでの働き方を効率的にすることが可能となりますので、具体的な過ごし方についていくつかご紹介します。


1. 社内ネットワークとコミュニケーション

ランチタイムは同僚や上司、部下とのコミュニケーションを深めるための絶好の機会です。同じ部署の人だけでなく、異なる部署や役職の人と一緒に食事をすることで、様々な視点や情報を得ることができます。自分の業務だけでなく、組織全体の動きや他の部署のプロジェクトについても理解を深めることができ、信頼関係の構築にも繋がっていきます。


2. 自己啓発

ランチタイムを利用してスキルアップに役立つ書籍を読んだり、動画を視聴したりすることもおすすめです。特に最近は、スマートフォンやタブレットを利用して手軽に学習することができるため、ランチタイムの自己啓発が非常に容易になっています。スキルの向上は自己成長だけでなく、仕事の効率や生産性の向上にも寄与します。


3. 軽い運動

ランチタイムに短い散歩をしたり、軽いストレッチをしたりすることも有効です。特にオフィスワークでは、長時間の座りっぱなしで身体の緊張が溜まることが多いため、このような軽い運動はリフレッシュに最適です。散歩は新たな視野を得るのにも役立ち、思考の整理や新たなアイデアの創出にもつながることがあります。ストレッチは筋肉の緊張を和らげ、体の不調を防ぐのに有効です。



|良いランチタイムがもたらす心身的効果


ランチタイムの過ごし方は、業務に関することだけでなく、心身の健康に大きな影響を及ぼします。


たとえば、同じプロジェクトに取り組むメンバーや他の部署のメンバーと一緒に食事をしてみるのも良いと思います。このような業務時間は無い場でのコミュニケーションは、新たな視点を得ること、相手のことをもっと理解できること、そして自分のモチベーションを向上させることにつながります。


また、一人でランチタイムを有意義に過ごすことができれば、午後の業務に向けて体力と精神力を充電することもできます。例えば、短い散歩をしたり、深呼吸やストレッチを行ったりです。


これらの要素が組み合わさったランチタイムは、心身の健康を高め、仕事のパフォーマンスを向上させ、全体的な働き方を改善することに繋がっていきます。



|実践するためのアドバイス


これまで紹介してきたランチタイムの過ごし方を実践するにはハードルがあります。それは「優先順位管理」、「適切なコミュニケーション」、「リフレッシュ時間の確保」が挙げられます。


1. 優先順位管理

ランチタイムにやりたいことが多すぎて、どれを優先すべきか判断できない場合があります。このハードルを乗り越えるためには、その日の状況によって適切に優先順位をつけることが重要です。また、スケジューリングツールなどを利用してみるのは個々の働き方や好みによるため、一概には推奨できませんが、自己管理の一環として試してみる価値はあるかもしれません。


2. 適切なコミュニケーション

ランチタイムは同僚との交流の時間でもありますが、人間関係のトラブルを避けたいという思いから、コミュニケーションを避けてしまう人もいます。ここで大切なのは、相手を尊重し、コミュニケーションを取ることです。相手の意見を素直に受け入れ、自己の思考や意見を柔軟に変えることができるように意識しながら話しましょう。


3. リフレッシュ時間の確保

仕事が立て込んでいるとリフレッシュの時間を作るのは難しいかもしれません。しかし、数分間の深呼吸、短い散歩などを取り入れることで、心と体をリフレッシュすることができます。一日の中に「メリハリ」をつけ、作業と休息のバランスを保つことで効率的に働くことができるという意識を持つことが大切です。



|まとめ

本記事では、オフィスでのランチタイムの過ごし方とその働き方への影響について考察してきました。ランチタイムは、単なる食事の時間ではなく、その日の仕事にどのような影響を与えるかによって、自身のキャリアや社内での立ち位置にも影響を及ぼす重要な時間です。


ランチタイムを効率的に活用する方法としては、まずランチタイムに何をするか明確に決めること、適切なコミュニケーションを行うこと、そしてリフレッシュの時間を確保することが挙げられます。


ランチタイムをただの休憩時間と考えるのではなく、一日の効率性を高める貴重な時間ととらえることで、より良い働き方を実現することができるでしょう。



|社食DELIを利用すればランチタイムを有効活用しやすくなる

社食DELIはオフィス内でお弁当販売を行うサービスです。会社で導入していただくと、まず社員の皆様が外食するよりも時間を有効活用できるようになり、自分のやりたいことに割ける時間が増えます。また商品の種類が豊富なのでランチを一緒にとるメンバーとメニュー選びをする楽しさもあります。ランチタイムを有効活用させたい企業の方は是非一度ご検討ください!




Commentaires


_DLバナー._001_restored.jpeg
230323_FBbanner_A_01 (1).jpg

カテゴリで探す

最新の記事を見る

お役立ち資料ダウンロード

福利厚生
福利厚生入門書 表紙.png

「”福利厚生”入門書 -社食サービスの選定ポイント付き-」

福利厚生について知っておきたい基本情報

担当者になったらまずは押さえておきたいポイントをまとめました。

​社食サービスの選定ポイントもあるので参考にしてみてください。

bottom of page