top of page

ハラスメントに注意!適度な社員コミュニケーションで風通しの良い職場環境にしよう


社内コミュニケーション活性化

ストレス社会とうたわれる昨今、「○○ハラスメント」という言葉を聞く機会も多くなってきました。ハラスメント問題は、個々の従業員の幸福と生産性だけでなく、組織全体の活力にも大きな影響を与えるリスクがあります。本記事では、ハラスメントの種類や、ハラスメントの無い職場環境にするためにどんな対応が必要なのかを解説します。



目次


 

ハラスメントの定義とは?

ハラスメントとは、性別や立場などの違いを理由に、相手を不快にさせる言動や態度を繰り返し行うことです。具体的には、無理な仕事の押し付けや過度の評価など、相手に対する不適切な言動がハラスメントに当たります。ハラスメントは、職場だけでなく、学校や地域社会でも発生する可能性があります。


ハラスメントは、被害者だけでなく、加害者や周囲の人々にも悪影響を与えることがあります。ハラスメントを防止するためには、まずその定義を理解し、自分自身が無意識のうちにハラスメント行為を行っていないか、常に意識することが大切です。



ハラスメントが与える影響

個人に対する影響としては、ストレスや不安感、自己肯定感の低下、うつ病などの精神的な問題が挙げられます。これらの影響は、被害者の仕事やプライベートにも悪影響を与えることがあります。

また、組織に対する影響も無視できません。ハラスメント問題が発生すると、組織内での信頼関係が失われ、社員のモチベーションが低下することがあります。これにより、生産性の低下や社員の退職が増えるなど、組織全体の業績に悪影響を与える可能性があります。


このような影響を避けるためには、ハラスメントが発生したときの適切な対応策を理解し、それを実行できるようにすることが重要です。さらに、ハラスメントを未然に防ぐための予防策を講じることも、絶対に忘れてはならないポイントです。


ハラスメントは、個々の行動から生まれますが、その背後には組織文化や職場環境が大きく影響しています。ハラスメントの無い職場を実現するためには、個々の行動改善だけでなく、組織全体としての取り組みが必要となります。



ハラスメントの種類

ハラスメントはその形態によりさまざまな種類に分けられます。具体的な種類とその特徴を理解することで、現場で起きているハラスメントを適切に認識し、対策を講じることが可能になります。職場で起こりやすい代表的なハラスメントを紹介します。


セクシャルハラスメント

セクシャルハラスメントは、性的な言動によって相手を不快にする行為を指します。具体的には、過度な性的なジョーク、無理なデートの強要、不適切な身体的接触などが該当します。これらの行為は、被害者に精神的ストレスを与え、職場環境を悪化させる可能性があります。


パワーハラスメント

パワーハラスメントは、職務上の権力を背景にしたいじめや嫌がらせを指します。具体的には、無理な仕事の押し付け、過度な評価、人格攻撃などがあります。これらの行為は、被害者の仕事意欲を奪い、職場の雰囲気を悪化させます。業務上の合理的な理由により行われる指導や注意といった客観的に正当化できる行為であれば、基本的にパワハラには当てはまりません。


モラルハラスメント

モラルハラスメントは、相手を精神的に追い詰める行為を指します。具体的には、無視や排除、過度な要求、人格否定などがあります。モラハラは、被害者の自己尊重感を低下させ、深刻な精神的苦痛を引き起こす可能性があります。パワハラとは違ってあからさまな暴力や暴言ではないことが多く、周囲の人々が気付きにくいのも特徴です。


アルコールハラスメント

アルコールハラスメントは、飲酒を強要する行為や、飲酒による不適切な行動を指す言葉です。具体的には飲酒の強要、イッキ飲ませ、意図的な酔いつぶし、飲めない人への配慮を欠く、酔った上での迷惑行為などがアルハラに該当します。セクシャルハラスメントやパワーハラスメントが併発することも多いです。


アカデミックハラスメント

アカデミックハラスメントは、教育や研究の現場で起きるハラスメントを指します。具体的には、学術的な地位や権限を利用した嫌がらせ、過度な評価、研究成果の盗用などが該当します。これらの行為は、被害者の学問への意欲や信頼を損なう可能性があります。



このほかにも喫煙者が非喫煙者に対して喫煙することを強制する「スモークハラスメント」や、たばこや香水・体臭などのにおいにより周囲を不快にさせる「スメルハラスメント」、性別による固定観念や差別意識に基づく嫌がらせをする「ジェンダーハラスメント」など数多くのハラスメントがあります。




ハラスメントの無い職場環境にするには?

ハラスメントの無い職場環境の構築は、組織の生産性向上、従業員の満足度向上、企業イメージ向上に繋がります。以下では、そのための具体的なステップと推奨事項について解説します。


ハラスメント防止のための教育と訓練

ハラスメント防止のためには、全従業員がハラスメントの定義と影響、そして対策を理解していることが不可欠です。教育と訓練を通じて、ハラスメントの認識を共有し、その予防に向けた行動を促すことが求められます。定期的に研修を実施し、新たな従業員も含めた全員が適切な知識を持つようにすることが大切です。


開放的で尊重される環境の構築

ハラスメントの無い職場環境を作るためには、組織文化の改革が必要です。尊重と公平性が根付いた開放的な環境を構築することで、ハラスメントが起きにくい職場を作り上げることができます。このためには、上層部からの明確なメッセージと行動、そして従業員一人ひとりの日々の行動が重要となります。


ハラスメント対策体制の確立

ハラスメントが発生した際に迅速に対応できる体制を整備することも重要です。具体的には、相談窓口の設置、適切な対応をするためのガイドラインの策定、定期的な体制の見直しと改善を行うことが求められます。これらを通じて、ハラスメント問題が発生した場合でも適切に対応できる環境を作り上げることが可能です。


適度なコミュニケーション

ハラスメントを恐れるばかりにコミュニケーションを取らなくなってしまっては業務に影響が出るだけでなく、社内の空気が悪くなってしまいます。ハラスメントについて理解した上で適度なコミュニケーションをとることは円滑に業務を進めるために重要です。



おすすめの社内コミュニケーション方法

メールやチャットなどの電子ツール

口頭でのコミュニケーションは考えたことをそのまま発言することになるので、相手に不快な思いをさせてしまう可能性があります。メールやチャットなどの電子ツールを使うことで、送信する前に推敲するため相手に不快な思いをさせる可能性が減少します。


ランチ

ランチはランチは日常の作業から一時的に離れ、よりリラックスした状況でのコミュニケーションを可能にします。飲み会だとお酒が入ることでアルコールハラスメントやパワーハラスメントが危惧されますが、ランチであればその心配はありません。また、業務時間内なのでプライベートの時間を削る必要もありません。





併せて読みたい!社内コミュニケーションの関連記事はこちら





ランチでのコミュニケーションなら「社食DELI」

本記事ではハラスメントの影響や対策について解説しました。

ハラスメントは近年問題視されていますが、それを恐れるあまりに従業員同士でコミュニケーションを取らなくなってしまっては会社にとって悪影響です。ハラスメントについて正しい知識をつけたうえで、コミュニケーションをとって会社をより良いものにしていきましょう。


「社食DELI」は社内の空きスペースでお弁当を販売するため、忙しくてランチに行く時間がなくても手軽にコミュニケーションをとることが可能です。社員食堂を作るにはコストがかかりすぎてしまったり、スペースがないという企業様におすすめのサービスです!詳しくは下のボタンからご覧ください!



Comentarios


_DLバナー._001_restored.jpeg
230323_FBbanner_A_01 (1).jpg

カテゴリで探す

最新の記事を見る

お役立ち資料ダウンロード

福利厚生
福利厚生入門書 表紙.png

「”福利厚生”入門書 -社食サービスの選定ポイント付き-」

福利厚生について知っておきたい基本情報

担当者になったらまずは押さえておきたいポイントをまとめました。

​社食サービスの選定ポイントもあるので参考にしてみてください。

bottom of page