top of page

福利厚生は費用ではなく投資!力を入れるべき理由とは?



福利厚生とは、従業員に企業が提供するさまざまなサービスや待遇のことを指します。これらは従業員が働きやすい環境を整えるため、そしてモチベーションを維持するために非常に重要な要素となっています。


しかし、福利厚生は単なる「費用」ではなく「投資」だと捉えることができます。そう考えると、新たな視点が開けてきます。今回は、なぜ福利厚生が企業にとって大切な「投資」であり、どういった点に力を入れるべきかをお伝えします。



|目次


 

|福利厚生を「投資」として捉える理由


福利厚生に関して多くの企業が抱くネガティブなイメージ、それは「費用が高い」「管理が大変」などですよね。しかし、ここで一度立ち止まり、福利厚生を「投資」という視点から捉え直してみてください。実は、その価値は計り知れないものがあります。


満足度向上による生産性の上昇

まず一つ目のメリットとして、福利厚生が従業員の満足度を向上させることが挙げられます。その結果、モチベーションが高まり、生産性が上がるのです。生産性の向上は、直接的に企業の利益増大に繋がるため、福利厚生は「費用」ではなく「投資」なのです。


人材の採用と定着

次に、福利厚生が人材の採用と定着に寄与するという点です。充実した福利厚生は企業の魅力を高め、新たな優秀な人材を引き寄せる力となります。また、既存の従業員が満足感を持つことで長期間在籍し、その能力を最大限に発揮する可能性が高まります。


これらを考えると、福利厚生への投資は企業の成長と利益に少なからず寄与するのです。費用面での抵抗感があるかもしれませんが、それ以上の価値を理解することで、福利厚生への取り組みがより具体的なものになります。次に、どのような福利厚生に力を入れるべきかについて詳しく見ていきましょう。



|福利厚生の効果:人材採用・定着への影響


福利厚生が企業にもたらすメリットの一つとして、その人材採用と定着への影響が大きいです。では具体的に、どのような影響があるのでしょうか。


人材採用への影響

人材採用への影響についてまず考えてみましょう。今日の競争の激しい労働市場では、求職者が企業を選ぶ基準は、単に給与だけでなく、福利厚生も大きな要素となっています。それは福利厚生が、企業の文化や従業員に対する思いやりを具体的に示す一方で、求職者自身の生活やキャリアの支援を象徴するからです。例えば、休暇制度、教育や研修の機会などが充実している企業は、求職者にとって魅力的な選択肢となるのです。


人材定着への影響

次に、人材定着への影響を見てみましょう。魅力的な福利厚生が提供されていると、従業員は自身が大切にされていると感じ、より満足度が高まります。そしてその満足度は、従業員が企業に長期間在籍しようとする意欲に直結します。さらに福利厚生の一部として、ワークライフバランスを支援する柔軟な勤務制度や、キャリアアップを支援する研修制度などがあると、従業員は企業に対する愛着が湧き、離職率を低下させることができます。



|福利厚生の効果:生産性への影響


福利厚生が企業の生産性にどのように関わっているか、詳しく見ていきましょう。


従業員のスキル向上

まず最初に、福利厚生は従業員のスキルアップにも寄与できます。研修や教育の機会が充実している企業では、それが福利厚生として活用され、従業員自身のスキルや能力の向上につながります。


働き方の柔軟性

次に、働き方の柔軟性です。福利厚生として働き方の選択肢を広げることは、従業員のストレス軽減や、仕事と私生活のバランスを保つ助けになります。リモートワークやフレックスタイムなど、自分に合った働き方ができると、生産性も自然と高まります。


従業員の健康維持

さらに、福利厚生を通じて健康の管理もサポートできます。健康的な食事の提供や、フィットネスクラブの会員費補助などで、従業員の健康維持を支援することは、生産性の維持にも繋がります。



|力を入れるべき福利厚生4選


それでは、より具体的にどのような福利厚生に力を入れると良いのか、例を挙げて詳しく説明していきましょう。


教育・研修制度

教育・研修制度は生産性に繋がる福利厚生です。例えば、外部の専門家を招いて定期的なセミナーや研修会を開催したり、オンライン学習プログラムに参加する費用を補助するなど、様々な方法で従業員のスキルアップを支援できます。新たな知識やスキルを身につけることで、従業員のモチベーションが上がり、結果的に生産性も向上します。


健康支援

次に、健康支援も大切な福利厚生の一つです。具体的には、社内で健康的な食事を提供する食堂を設けたり、フィットネスクラブの会員費補助を提供するなどがあります。また、ストレス管理の研修や、メンタルヘルスのサポート体制も整えることで、従業員の健康維持に役立てます。健康な従業員は生産性が高く、長期的に見ても企業のパフォーマンスを維持することに寄与できます。


働き方改革

さらに、働き方改革にも力を入れてみましょう。リモートワークの導入やフレックスタイム制度、子育てや介護と仕事を両立させるためのサポートなど、従業員が自身のライフスタイルに合わせて働ける環境を整えることは大切です。それにより、従業員のストレスが軽減され、働きやすさも向上します。


社内コミュニケーションの促進

そして、社内コミュニケーションの促進も見逃せません。社内の交流イベントを定期的に開催したり、リラックスできるコミュニケーションスペースを設けることで、チームの絆を深め、新たなアイデアを生み出す機会を増やすことができます。



|まとめ


それでは内容を整理してまとめてみましょう。


1.福利厚生は単なる出費ではなく、企業にとって大きなリターンを生む「投資」です。

2.充実した福利厚生は、良質な人材の採用とその定着に寄与します。

3.また、スタッフのスキル向上や生産性の向上という観点からも重要です。

4.特に注力すべき福利厚生として、教育・研修制度、健康支援、働き方改革、そして社内コミュニケーションの促進などが挙げられます。


福利厚生に対する投資は、企業にとって大きな利益をもたらします。単なる費用としてではなく、スタッフのモチベーション向上やスキルアップ、生産性の向上に直結する重要な投資として捉えることで、企業の持続的な成功につながります。


最後に忘れてはならないのは、福利厚生は一度きりのものではなく、常に見直しと改善が必要だということです。時代やスタッフのニーズに対応した福利厚生を取り入れていきましょう。



|社食DELIを導入して、福利厚生を充実させよう

お弁当販売サービスである「社食DELI」は従業員にとって大事なランチタイムを充実したものにすることができます。食事の福利厚生に力を入れる企業が増えている今日、ぜひこの機会にご検討ください。




Comentarios


_DLバナー._001_restored.jpeg
230323_FBbanner_A_01 (1).jpg

カテゴリで探す

最新の記事を見る

お役立ち資料ダウンロード

福利厚生
福利厚生入門書 表紙.png

「”福利厚生”入門書 -社食サービスの選定ポイント付き-」

福利厚生について知っておきたい基本情報

担当者になったらまずは押さえておきたいポイントをまとめました。

​社食サービスの選定ポイントもあるので参考にしてみてください。

bottom of page