top of page

食事代補助とお弁当支給、どちらが良いの?それぞれのメリットとデメリットを解説




企業が従業員に提供する福利厚生の中でも人気な「食事」に関する福利厚生。健康的な食事を摂取することを支援することで、従業員の健康維持や生産性向上につながります。本記事では比較的簡単に導入できる食事の福利厚生について解説していきますので、今後の導入や改善の参考にしてみてください。


目次

・「食事」に関する福利厚生の種類について

・食事代補助のメリットについて

・食事代補助のデメリットについて

・お弁当支給のメリットについて

・お弁当支給のデメリットについて


 

「食事」に関する福利厚生の種類について

食事に関する福利厚生は下記のように様々な種類があります。

・食事代補助

・お弁当支給

・社員食堂

・クーポン券の支給

・近隣の飲食店の割引券の支給

このほかにも企業によってオリジナルの福利厚生があることもあります。

どのような制度を導入するか迷いますが、比較的簡単に導入可能な「食事代補助」と「お弁当支給」についてメリットとデメリットを解説していきます。




食事代補助のメリットとデメリット

食事代補助とは、従業員が食事をする場合に、一部の費用を企業が負担する制度です。



【食事代補助のメリット】

健康的な食事を摂取できる

自分で食事を用意するよりも、お店が作った温かくて栄養価の高い食事を食べることができます。


自分が食べたいものを選ぶことができる

食事代補助の場合、従業員は自分が食べたいものやお店を選ぶことができます。


社員のパフォーマンス向上

食事代補助同様、従業員が自分で食事を用意する手間を省くことができるため、仕事に集中することができパフォーマンスの向上になります。


社員のモチベーション向上

従業員が自分で食事を用意する手間を省くことができるため、仕事に集中することができます。また、補助があることで費用をあまり気にせず通常より良いものを食べることができてモチベーションの向上につながります。



【食事代補助のデメリット】

コストがかかる

従業員数が多い場合、大きな負担になる可能性があります。


経費の管理が必要

企業負担額や企業・従業員の負担割合によって福利厚生費として計上できないケースがあるため、福利厚生費として計上したい場合には管理が必要になります。全額補助の場合は経費精算の必要があり、手間がかかります。また、不正利用の防止のため、ルールの策定や監視が必要になる場合もあります。



お弁当支給のメリットとデメリット

お弁当支給とは、企業が従業員に毎日の食事として、お弁当を支給する制度です。



【お弁当支給のメリット】

健康的な食事を摂取できる

食事代補助同様、自分で食事を用意するよりも、お弁当屋さんが作った栄養価の高い食事を食べることができます。


社員のパフォーマンス向上

食事代補助同様、従業員が自分で食事を用意する手間を省きつつ、外に出る手間がないためその分休憩に時間を割くことができ、パフォーマンスの向上になります。


社員の交流促進

お弁当を社内で食べることになるため、社員同士で会話が生まれやすく、チームや社内のコミュニケーション改善につながりやすいです。社内でのやり取りがスムーズになルコとにより、業務効率の向上も期待できます。



【お弁当支給のデメリット】

コストがかかる

食事代補助同様、コストがかかります。人数やお弁当の金額によってはかなり大きな負担になる場合があります。


業者やメニュー選定の手間がかかる

お弁当を企業が支給する場合、どの業者に依頼するか、さらにどんな種類を注文する日々手間がかかります。材料費や人件費など、様々な費用がかかるため、企業にとっては財務的な負担になる可能性があります。

好みやアレルギーに対応できない場合がある

会社が選定したお弁当なので、好みやアレルギーに対応できない場合があります。特に、多様な国籍や文化背景を持つ従業員がいる場合、全ての従業員の好みやアレルギーに対応することは難しい場合があります。


ゴミの廃棄が必要

お弁当の場合、当然食べ終わった空き容器の廃棄が必要になります。少人数であれば問題ないかもしれませんが、人数が多いとゴミの量も増える為廃棄の費用がかかる場合もあります。



どちらが良いのか?まとめ

近隣に飲食店が多い場合は従業員が食べたいものを自由に選べる食事代補助の方が好まれるかもしれません。

食事の福利厚生を導入することで従業員の健康維持や生産性向上につながることが期待されます。

食事代補助とお弁当販売の比較を行うとメリットはどちらも似ていますが、コストや手間は大きく違うため会社にとって一概にどちらが良いとは言い切れません。

従業員のニーズやそれぞれの企業に合った内容で導入していきましょう。





良いとこどりの「社食DELI」を導入しよう

社食DELIでは毎日数十種類のお弁当を選定してお届けするため、豊富なラインアップの中から自分の食べたいお弁当を購入することができます。

また、企業様がお弁当代を一部や全額補助しての販売も対応可能なため食事代補助とお弁当支給の良いとこどりができます。

下のボタンからサービス詳細をご覧ください!


Comments


_DLバナー._001_restored.jpeg
230323_FBbanner_A_01 (1).jpg

カテゴリで探す

最新の記事を見る

お役立ち資料ダウンロード

福利厚生
福利厚生入門書 表紙.png

「”福利厚生”入門書 -社食サービスの選定ポイント付き-」

福利厚生について知っておきたい基本情報

担当者になったらまずは押さえておきたいポイントをまとめました。

​社食サービスの選定ポイントもあるので参考にしてみてください。

bottom of page