top of page

快適な休憩ができる!オフィスのリフレッシュスペースの工夫術



オフィスでの働きやすさは、生産性向上や社員満足度の向上に直結する重要なポイントです。

特に、オフィスのリフレッシュスペースは、社員が一息つくことができる場であり、心身の疲れを癒す役割を担っています。快適なリフレッシュスペースを整えることで、社員のストレス軽減やリフレッシュ効果を高めることが期待できます。また、コミュニケーションの場としても機能し、チームワークやアイデア交換の促進にも繋がります。


今回は、オフィスのリフレッシュスペースを快適にするための工夫をご紹介します。

この記事を参考に、あなたのオフィスでも働く環境を向上させ、より充実した職場を作り上げましょう。


|目次

 

|空間設計


まず最初に取り組むべきは、リフレッシュスペースの空間そのものの工夫です。

快適な空間を整えることで、リフレッシュ効果を高めるだけでなく、社員の創造性や集中力も向上させることが期待できます。


具体的な工夫としては、まずソファや椅子の配置を考えましょう。

リラックスできる座り心地の良い家具を選び、十分なスペースを確保して配置することで、心地よい休憩時間を過ごせる環境を作り出すことができます。


また、照明の工夫も重要です。

明るすぎると疲れがたまりやすく、暗すぎると眠くなってしまうため、適度な明るさを保つことがポイントです。間接照明を用いたり、デスクライトを設置することで、目に優しい照明環境を整えることができます。



さらに、リフレッシュスペース内に観葉植物を置くことも効果的です。

観葉植物は空気を浄化し、リラックス効果もあります。また、緑を見ることでストレス軽減にも繋がり、より充実した休憩時間を過ごすことができます。


これらの空間設計に力を入れることで、社員が快適にリフレッシュできる環境を作り上げ、オフィス全体の働きやすさにも貢献することができます。



|音環境の整備


リフレッシュスペースでは、静かで落ち着いた環境が求められます。

適切な音環境を整えることで、リフレッシュ効果が高まり、ストレス軽減やリラックスにも繋がります。また、集中力の回復や短時間での効果的な休憩にも役立ちます。


音環境の工夫の一例として、オフィスの騒音を遮るカーテンやパーテーションの設置が挙げられます。

これにより、リフレッシュスペース内の静かな空間を確保することができます。


また、耳栓を用意しておくことも効果的です。

耳栓を使うことで、個々の社員が自分に合った静かな環境を作り出すことができます。さらに、ノイズキャンセリング機能付きのヘッドフォンを用意することで、自分の好きな音楽や白色雑音を聞きながらリフレッシュすることもできます。


リフレッシュスペース内での静かな会話を促すために、適切なサインやポスターを掲示することも効果的です。

これにより、無意識的に騒音を出すことを抑えることができます。


音環境の整備をすることで、心地よいリフレッシュスペースを実現し、社員のストレス軽減や効果的な休憩を促進することができます。



|食事の提供


リフレッシュスペースでの食事は、社員のエネルギーチャージに繋がります。

適切な食事の提供を行うことで、健康的な働き方をサポートし、社員の満足度やパフォーマンス向上に寄与します。


まず、リフレッシュスペースで提供する食事には、健康的でバラエティ豊かなメニューを取り入れましょう。

栄養バランスが考慮された食事は、社員の健康を維持し、疲労回復に役立ちます。また、アレルギーや特別な食事制限がある社員にも配慮したメニューを提供することで、すべての社員が安心して食事を楽しむことができます。


次に、食事スペースとリフレッシュスペースを分けることも重要です。

これにより、食事の匂いや音がリフレッシュスペースに漏れることを防ぎ、快適な環境を保つことができます。


また、リフレッシュスペース内に飲み物や軽食を提供するコーナーを設けることも効果的です。

カフェインを含む飲み物やフルーツなどの軽食は、短時間でエネルギーを補給するのに適しています。これにより、社員が効率的に休憩を取り、仕事に戻ることができます。


食事の提供を実践することで、リフレッシュスペースがさらに充実し、社員の健康や働きやすさに貢献することができます。



|リラクゼーション効果の最大化


オフィスのリフレッシュスペースでは、リラクゼーション効果を最大化させることも重要です。

社員のストレス軽減や心身の緊張を解放することができ、効果的な休憩が可能となります。


予算やスペースがあればマッサージチェアやリクライニングチェアを設置することで、疲れた体を癒す空間を提供できます。これにより、社員が短時間でリフレッシュし、仕事に戻る際のパフォーマンス向上が期待できます。


また、瞑想やストレッチのための専用スペースを設けることも効果的です。

定期的に瞑想やストレッチを行うことで、心身のリラックス効果が得られ、集中力の回復やストレス軽減に繋がります。簡単なストレッチ方法や瞑想の指南書を置いておくことで、社員が気軽に取り組めるようにしましょう。


さらに、アロマディフューザーやエッセンシャルオイルを利用することで、リフレッシュスペース内の香りによるリラクゼーション効果を高めることができます。リラックス効果のある香りを選ぶことで、社員の心身の癒しに貢献し、より快適な休憩時間を提供できます。


リフレッシュスペースが心身の癒しの場となり、社員の働きやすさやパフォーマンス向上に繋がります。



|コミュニケーションの取りやすい環境


リフレッシュスペースでは、コミュニケーションの工夫も大切です。適切なコミュニケーション環境を整えることで、社員同士の交流が促進され、チームワークやアイデアの創出に繋がります。


まず、リフレッシュスペース内にカジュアルな会話ができるソファやテーブルを設置しましょう。

これにより、社員が気軽に交流できる空間が生まれ、リラックスした雰囲気で意見交換ができます。


また、ランチタイムや休憩時間に交流イベントを開催することも効果的です。

定期的にイベントを開催することで、社員同士のコミュニケーションが促進され、チームワーク向上に繋がります。イベント内容には、カジュアルなランチ会やゲーム大会など、社員が楽しめるものを選びましょう。


さらに、異なる部署や職種の社員が交流できる場を設けることも重要です。

これにより、社内のコミュニケーションが活性化し、新たなアイデアやプロジェクトが生まれる可能性が高まります。


リフレッシュスペースが社員の交流の場となり、より活気ある職場環境を実現できます。



コミュニケーション活性化のポイントはこちらの記事で紹介しています!



|まとめ

本記事では、オフィスのリフレッシュスペースの工夫術について、以下の5つのポイントを紹介しました。

空間設計

快適な空間を作ることで、社員のリフレッシュ効果を高めます。

音環境の整備

落ち着いた音環境を整えることで、集中力を回復させる効果があります。

食事の提供

健康的な食事を提供することで、社員の健康維持やエネルギー補給ができます。

リラクゼーション効果の最大化

マッサージチェアやアロマディフューザーなどで、心身のリラックス効果を高めます。

コミュニケーションの取りやすい環境

カジュアルな会話ができる空間を設けることで、社員同士の交流が促進されます。


これらの工夫をオフィスのリフレッシュスペースに取り入れることで、社員のストレス軽減やパフォーマンス向上に繋がります。是非、自社のオフィス環境に応じて、適切な工夫を実践し、社員にとって快適で効果的なリフレッシュスペースを提供しましょう。


|オフィスでの食事なら社食DELIがおすすめ

社食DELIは、美味しい食事を手軽に提供できるので、リフレッシュスペースにおすすめです。バラエティ豊かなメニューがあり、社員が自分好みの食事を選べます。美味しい食事でエネルギーを補給し、仕事の効率アップに繋がります。


Comments


_DLバナー._001_restored.jpeg
230323_FBbanner_A_01 (1).jpg

カテゴリで探す

最新の記事を見る

お役立ち資料ダウンロード

福利厚生
福利厚生入門書 表紙.png

「”福利厚生”入門書 -社食サービスの選定ポイント付き-」

福利厚生について知っておきたい基本情報

担当者になったらまずは押さえておきたいポイントをまとめました。

​社食サービスの選定ポイントもあるので参考にしてみてください。

bottom of page