top of page

仕出し弁当の「仕出し」ってなに?意味や語源を解説!



|目次

 

仕出し弁当とは何か?


仕出し弁当とは、もともとはお客様の注文を受けてから料理を作り、会場までお届ける弁当のことを指していました。主に会社の会議や冠婚葬祭などのフォーマルな場で提供されることが多いです。具体的には、仕出し弁当は独特の盛り付けと包装が施され、各地の地方色や季節の移り変わりを反映した食材選びやメニュー構成が行われます。この特徴から、仕出し弁当は見た目だけでなく、風味と共にその地域の季節感を感じさせてくれました。


しかし、近年では宅配の高級弁当の総称として使われることも増えてきています。ジャンルも和食とは限らず洋食や中華であっても仕出し弁当と呼ばれることあります。


「仕出し」の語源と歴史



「仕出し」の語源は江戸時代までさかのぼります。煮た魚や豆腐などを天秤棒で運びながら人々に売り歩いたり、大名たちが大八車で料理を運ばせたのが始まりです。これが日本における「出前」・「仕(作って)出し(出す)」文化のルーツとされています。その後も、時代と共に発展を続け、明治時代になると仕出し料理店が形成され、現代のような仕出し弁当の形が生まれました。このように、「仕出し」は日本の食文化の中で長い歴史を経て発展してきたのです。


また「仕出し」という言葉は演劇界では、いわゆる端役のことを「仕出し」と呼びます。この用語の使用は、歌舞伎の脚本から来ています。そこでは「仕出し多勢わやわやと通り過ぎ」や「そこへ若衆の仕出し数人が」といった表現が見られます。この「仕出し」は、物語の中で名前すらないほどの端役、およびそれらの役を演じる俳優を指します。


|「仕出し弁当」の役割

仕出し弁当は、日本の社会において重要な役割を果たしています。主にフォーマルな場において、多くの人々に手軽に食事を提供する手段として利用されます。また、地域によって異なる料理を提供することで、その地域の食文化を広く伝える役割も果たしています。さらに、季節感や行事に応じたメニュー構成は、食を通じて日本の四季や伝統を感じることができ、日本の美意識や精神性を反映してきました。





 

|社員食堂に代わる弁当の出張販売サービスの紹介


「社食DELI」ならどんな条件にも対応可能

社食DELIは通常価格での販売はもちろんのこと、企業様がお弁当代を一部や全額補助しての販売も対応可能なので福利厚生費の条件に対応した食事補助の導入が可能です。

下のボタンからサービス詳細をご覧ください!




Comments


_DLバナー._001_restored.jpeg
230323_FBbanner_A_01 (1).jpg

カテゴリで探す

最新の記事を見る

お役立ち資料ダウンロード

福利厚生
福利厚生入門書 表紙.png

「”福利厚生”入門書 -社食サービスの選定ポイント付き-」

福利厚生について知っておきたい基本情報

担当者になったらまずは押さえておきたいポイントをまとめました。

​社食サービスの選定ポイントもあるので参考にしてみてください。

bottom of page