top of page

社食サービスを切り替えるときに気を付けること!社員の最大の不満点は?



オフィスの社食サービスを切り替えるとき、どのような点に注意すればよいでしょうか?

社食サービスを提供する事業者を変更する場合、従業員から挙がる最大の不満点は「食事に飽きること」です。

そこで、本記事では社食サービスを切り替える際に、担当者が気を付けるべきことや、社食DELIという新しい選択肢について紹介します。


|目次

・社員の健康に配慮したメニューの提供

・コストパフォーマンスのバランスを考慮する

・契約期間や切り替えのサイクルを考える

・メニューのバリエーションの重要性

・季節やイベントに合わせたメニュー提供の工夫

・フィードバックを受け入れ、改善に取り組む


 

|社食サービスを切り替える理由

そもそも企業や団体が社員のために提供する社食サービスを切り替える理由は様々です。社員の健康管理や食事の多様化、コスト削減などが主な理由として挙げられます。また、事業者側の都合での撤退や契約更新のタイミングなど、外的要因により切り替えが行われる場合もあります。

最近では、コロナ禍で出社率を制限した背景から社員食堂の撤退や休止が相次いでおり、終息に向かいつつある現在では出社率を高める企業が増加したこともあり、改めて社食サービスについて検討する機会が増えています。


このように理由は様々ですが、切り替える上で気を付けたいことは何なのでしょうか?



|社食サービスを切り替える際に気を付けること

では社食サービスを切り替えることが会社として決定した場合、担当者はどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。社食サービスを切り替える際には、以下の点に注意する必要があります。


社員の健康に配慮したメニューの提供

社員の健康に配慮したメニューの提供は、社食サービスの重要なポイントです。健康を意識したメニューの提供や、栄養バランスの良いメニューの開発、食事制限のある社員への対応など、社員の健康に配慮したメニュー提供が求められます。


コストパフォーマンスのバランスを考慮する

社食サービスにかかるコストは企業にとって大きな負担となります。そのため、コストパフォーマンスのバランスを考慮しつつ、最適なメニューと事業者を選定することが求められます。コストを気にしすぎるあまり社員の満足度を軽視してしまうケースは少なくないため、気を付けたい部分です。


契約期間や切り替えのサイクルを検討する

契約期間や切り替えのサイクルについても考慮する必要があります。契約期間が長すぎる場合、メニューに飽きが生じたり、サービス内容に不満が生じた場合でも切り替えができなくなるため、適切な契約期間の設定が求められます。また、サイクルを決めて定期的にサービスを見直すことで、常に最適なサービスを提供できるようにすることも重要です。


担当者が気をつける点については分かりましたが、実際に社員はどんなことを望んでいるのでしょうか?



|社食サービスの最大の不満点である「飽きること」とは?


社食サービスを利用する社員の中で最大の不満点とされるのが、「飽きること」です。同じメニューが繰り返し提供されたり、メニューのバリエーションが少なかったりすると、食事の楽しみがなくなり、利用者数の減少や不満が生じる可能性があります。

実際に当社にお問い合わせを頂く企業様の半数近くが既存サービスを利用しなくなっているから検討している。つまり「飽きてきてしまっている」のです。

食のサービスを利用する上で「飽き」というのは絶対に発生するものです。では、その不満点を少しでも解消するためにはどのような事業者を選定するのが良いのでしょうか。以下のポイントを参考にしていくといいと思います。


メニューのバリエーションの重要性

メニューのバリエーションを豊富かどうかは気をつけたいポイントです。同じメニューを繰り返し提供することがないよう、新しいメニューの提供など、常に従業員の方がどんな商品を望んでいるのかを考えて、改善してくれる事業者を選定したいです。


季節やイベントに合わせたメニュー提供の工夫

季節やイベントに合わせたメニュー提供の工夫も必要です。例えば、社員のボーナス時期には豪華な食事を用意したり、時期やイベントに合わせたメニューを提供することで、社員の食事の楽しみを増やすことができます。

そのような対応ができるかどうかも選定時に聞いてみましょう。


フィードバックを受け入れ、改善に取り組む

利用者からのフィードバックを受け入れ、改善に取り組むことができるかどうかも重要なポイントです。社員からの要望や不満点を確認し、改善につなげることで、社員の満足度を高め、利用者数の維持や増加につなげることができます。定期的なアンケート調査や、提供するメニューに対するアンケートなどを行い、社員の意見を収集することが有効です。そのため、そのアンケートを元に改善に向けて一緒に取り組んでいける事業者というのも選定のポイントになり得るかと思います。


次章ではそんな悩みを解決できるサービス「社食DELI」を紹介したいと思います。



|社食サービスなら社食DELIという選択肢

社食サービスを提供する業者を変更する際には、社員の満足度が高く、企業側にとっても効果を感じやすいことなどに気を付けながら、改善を図る必要があります。そこで、社食DELIを導入することは効果的な解決策となるかもしれません。

社食DELIとは価格、ボリューム、種類にこだわり、お弁当を提供するサービスです。

特徴としては以下のようなものが挙げられます。

  • メニューの豊富さ:社食DELIは、30種類以上の商品を常時取り揃えていますので、社員が好きな商品を選ぶことができ、飽きずに食事を楽しめます。

  • 質の高さ:社食DELIは、毎日2万食以上の販売を行っており、多くのオフィスワーカーにご好評をいただいてます。多くのお客様からの声を商品に反映して、お弁当を改良し続けているので質の高い商品が提供されます。

  • 価格の手頃さ:運営コストや販売価格もリーズナブルなため、企業にとっても社員にとっても嬉しいサービスです。

以上のようなメリットがあるため、社食DELIは、社食サービスを切り替える際に検討すべき選択肢の一つです。

より良い社食サービスを提供するために、社食DELIを導入してみてはいかがでしょうか。



|まとめ

社食サービスを切り替える場合には、社員の健康や安全性、利便性、コストなどを考慮したうえで、適切な提供事業者の選定が求められます。

また、契約期間やサイクルの設定、メニューのバリエーションや季節やイベントに合わせた提供、フィードバックの受け入れなど、社員の満足度を高めるための取り組みが必要です。

社食サービスを提供する企業にとっても、社員の健康や生産性を高めることは重要な課題です。

社員の満足度を高め、定期的な見直しを行うことで、最適な社食サービスを提供することが求められます。

Comments


_DLバナー._001_restored.jpeg
230323_FBbanner_A_01 (1).jpg

カテゴリで探す

最新の記事を見る

お役立ち資料ダウンロード

福利厚生
福利厚生入門書 表紙.png

「”福利厚生”入門書 -社食サービスの選定ポイント付き-」

福利厚生について知っておきたい基本情報

担当者になったらまずは押さえておきたいポイントをまとめました。

​社食サービスの選定ポイントもあるので参考にしてみてください。

bottom of page