top of page

福利厚生に「食事」を通じたサービスが有効な3つの理由



現代の労働環境において、従業員のモチベーションを維持し、定着率を高めるために、福利厚生が非常に重要視されています。福利厚生の中でも、食事に関するサービスが注目されています。企業が従業員に対して食事を提供することで、従業員の健康維持やモチベーションの向上につながるとされています。本記事では、福利厚生における食事の重要性について、具体的な理由を3つ紹介します。


|目次


 

|福利厚生とは

福利厚生とは、企業が従業員に対して、その労働条件や生活環境を改善するために提供する福利サービスや制度のことを指します。健康管理、休暇制度、労働時間の調整、社員旅行、子育て支援など、多岐にわたるサービスや制度があります。このような福利厚生を企業が積極的に導入していくことで、従業員のモチベーションの向上や定着率の向上に繋がっていきます。



|福利厚生の種類

”福利厚生”と一口に言っても制度上は2種類ございます。

それは「法定福利厚生」と「法定外福利厚生」です。

法定福利厚生とは、労働法令に基づいて、すべての企業が従業員に対して提供することが義務づけられている福利厚生のことを指します。一方、法定外福利厚生は、企業が自主的に提供する福利厚生のことを指します。法定福利厚生は最低限の保障が規定されているため、すべての従業員が受けることができますが、法定外福利厚生は企業ごとに独自で制定されるもののため、企業の社風や考えが表れやすいと言えます。


「法定福利厚生」の代表的な種類としては、次のようなものがあります。

・健康保険

健康保険法に基づいて、全ての企業が従業員に対して加入することが義務づけられている医療保険制度。

・厚生年金保険

厚生年金法に基づいて、全ての企業が従業員に対して加入することが義務づけられている年金制度。

・雇用保険

雇用保険法に基づいて、全ての企業が従業員に対して加入することが義務づけられている失業保険制度。

・労災保険

労働災害によって従業員が受けた損害を補償する制度。


一方、「法定外福利厚生」の代表的な種類としては、次のようなものがあります。

・社員食堂

企業が従業員に食事を提供する施設やサービス。

・退職金制度

企業が従業員の退職後に一定の金額を支払う制度。

・健康診断

従業員に対して、定期的に健康診断を受ける機会を提供する制度。

・子育て支援

育児休業や子育て休暇、保育補助など、子育てに関するサポートを提供する制度。

・フレックスタイム制度

従業員が柔軟に労働時間を調整できる制度。


このように企業が福利厚生に力を入れるとなった場合には法定外福利厚生を増やしていく必要があります。



|なぜ福利厚生に力を入れるべきなのか


では法定外福利厚生を増やしていくとどのようなメリットが生まれるのでしょうか?

福利厚生を充実させることはそれだけ企業が従業員のことを考えているという意思表示になるため、それによる効果は期待できます。

具体的には、以下のようなメリットがあります。


従業員のモチベーション向上

福利厚生が充実している企業は、従業員が働きやすいと感じるため、モチベーションが高くなります。また、福利厚生が充実していることにより、従業員は長期的に企業に対する忠誠心を持ち、退職率の低下につながります。


人材確保・採用競争力の向上

福利厚生が充実している企業は、従業員の定着率が高く、採用時にも有利なポイントとなります。また、人材確保には優秀な人材を採用することが不可欠であり、福利厚生が充実していることは、優秀な人材を企業に惹きつけるためにも必要です。


生産性の向上

福利厚生が充実していることにより、従業員がストレスを感じにくくなり、健康面や精神面のケアが行き届くため、生産性の向上につながります。


以上のように、福利厚生に力を入れることは企業にとって多くのメリットがあります。従業員の定着率やモチベーション向上、生産性の向上、そして採用競争力の向上など、企業が成長するために必要な要素の一つと言えます。



|食の福利厚生が有効な3つの理由とは


では、どのような福利厚生を導入するのが良いのでしょうか。

効果の高い福利厚生は様々ありますが、導入のしやすさなどを考えると食事に関するサービスは導入するべきだと言えます。さらに食事サービスの場合、効果は従業員の健康維持や生産性向上、ストレス解消、チームビルディングなど多岐に渡るからです。


従業員の健康維持

栄養バランスの良い食事を提供することで、従業員の健康状態を維持することができます。健康状態が維持されることで、従業員の生産性が向上し、企業にとってもプラスの効果が期待できます。


ストレス解消

美味しい食事やリラックスできる空間を提供することで、従業員のストレスを軽減することができます。ストレスが軽減されることで、従業員の生産性が向上することが期待できます。


チームビルディング

社員同士の交流を促すことができます。社員同士が食事を通じてコミュニケーションを取ることで、チームワークや協調性が向上し、企業全体の生産性や効率性が向上することが期待できます。


以上のように、食事に関するサービスを導入することで、従業員の健康維持やストレス解消、チームビルディングなど多くのメリットが期待できます。企業が従業員の生産性や労働環境の向上を目指すのであれば、食事に関する福利厚生の充実は欠かせないものと言えます。


|自社に合うサービスを見極めよう



ですが、ただ食事サービスを導入すれば良いわけではありません。自社の社風やニーズに合っているかが重要です。

より効果の高い福利厚生サービスを見つけるためには、以下のようなポイントを考慮することが重要です。


従業員のニーズを把握する

まずは、自社の従業員がどのような福利厚生に興味を持っているのかを把握することが大切です。従業員アンケートを取ったり、フィードバックを収集したりして、従業員のニーズを理解しましょう。


予算を考慮する

福利厚生サービスには、それぞれコストがかかります。自社が負担できる予算を明確にして、その中でどのようなサービスを提供できるかを検討しましょう。またサービスの導入をただのコストと捉えるのではなく、従業員への投資だと考えることも検討する上で大事な要素です。


企業文化に合ったサービスを選ぶ

自社の企業文化や社風に合った福利厚生サービスを選ぶことが大切です。例えば、フレックスタイム制度を導入している企業であれば、フレキシブルな時間帯で利用できる福利厚生サービスを提供することが良いでしょう。


従業員が利用しやすいサービスを選ぶ

提供する福利厚生サービスが、従業員にとって利用しやすいものであることが大切です。例えば、社員食堂を導入する場合、従業員の就業時間帯に合わせた営業時間を設けたり、メニューにバリエーションを持たせたりすることが重要です。


サービスの効果を測定する

福利厚生サービスを提供する際には、その効果を定期的に測定することが大切です。従業員の満足度調査や生産性の向上など、数値化できる部分を確認し、サービスの改善や継続を検討しましょう。


以上のポイントを考慮し、自社に合った福利厚生サービスを選定することが大切です。企業が従業員にとって魅力的な福利厚生を提供することは、人材採用や定着にも大きく影響するため、積極的に取り組んでいきましょう。



|社食サービスを検討するなら社食DELIがおすすめ

食の福利厚生は実際に効果も出やすく、社員の方々にも喜んでもらいやすいことはわかりました。

では、実際にどのようなサービスを検討したらいいのでしょうか。探し始めるとキリがないほど現在は社食サービスは多くなっています。

そこで今回は従業員からの満足度も高く、他のサービスに比べて予算の調整がしやすい「社食DELI」をご紹介いたします。


Comments


_DLバナー._001_restored.jpeg
230323_FBbanner_A_01 (1).jpg

カテゴリで探す

最新の記事を見る

お役立ち資料ダウンロード

福利厚生
福利厚生入門書 表紙.png

「”福利厚生”入門書 -社食サービスの選定ポイント付き-」

福利厚生について知っておきたい基本情報

担当者になったらまずは押さえておきたいポイントをまとめました。

​社食サービスの選定ポイントもあるので参考にしてみてください。

bottom of page