top of page

大学の食の環境改善を目指そう!食堂・カフェ・弁当・キッチンカーを徹底比較


埼玉県のオフィス向けの配達・仕出し弁当7選!「従業員の健康ランチ」サポートサービスを比較

大学の食の環境は、学生たちが健康的な生活を送る上でとても重要な役割を果たしています。学生たちは学内で長い時間を過ごすため、栄養バランスの良い食事をとり、積極的に学業やサークル活動に取り組むことが求められます。また、いまの学生たちは多様な食のニーズやアレルギーや食生活に関する様々な要望を持っています。そのため、大学の食の環境改善は、多様なニーズに応える魅力的な学校づくりの一環としてとても大事になってきます。


本記事では、学生たちの多様なニーズに対応できるよう、大学の食の環境改善に焦点を当てて考えていきます。特に、健康面やコスト面に配慮した食事提供や、留学生やベジタリアン、アレルギーを持つ学生への対応策など、幅広い視点から学生たちにとって理想的な食の環境を構築する方法を探求していきます。これにより、学生たちが大学生活を通じて健康で充実した日々を過ごすためのサポートができるでしょう。


目次

1.大学の食サービスを選ぶときのポイントと注意点

 ・栄養バランス

 ・予算

 ・飽きのこないメニュー

 ・様々なニーズへの対応

 ・長期休暇などへのフレキシブルな運営

 ・衛生面

2.大学の食サービスの選択肢と事例紹介

 ・学食

 ・カフェ

 ・弁当

 ・キッチンカー

3.大学の食の福利厚生のオススメサービスの紹介


 

大学の食サービスを選ぶときのポイントと注意点


大学の食の環境改善において、選択肢を検討する際のポイントと注意点を紹介します。これらを踏まえることで、効果的な改善策を見つけることができるでしょう。


栄養バランス

バラエティ豊かな食材を取り入れ、たんぱく質やビタミン、ミネラルをはじめとした必要な栄養素が摂取できるメニューを提供しましょう。これにより、学生の健康維持や学業成績向上にも寄与します。


価格

学生の多くは、限られた予算で食事を賄わなければなりません。手頃な価格で提供される食事は、学生にとって非常に魅力的です。しかし、低価格であっても栄養バランスや味を犠牲にしないことが大切です。


飽きのこない味やメニュー

長期間大学で食事をする学生にとって、飽きのこない味やメニューの提供は重要です。季節ごとの食材を活用したり、定期的にメニューを変更したりすることで、学生の興味を引き続けることができます。


長期休暇に対応できるフレキシブルな運営体制

夏休みや春休みなどの長期休暇でも食環境を維持するためには、フレキシブルな運営体制が求められます。運営会社と協力して、長期休暇中も学生のニーズに応えることができる必要があります。


衛生面

大学内の食堂やカフェ、売店などは、清潔で衛生的な状態を保つ必要があります。食材の取り扱いや調理スペース、従業員の衛生管理にも気を配り、学生に安心して食事を提供できる環境を整える必要があります。


これらのポイントと注意点を考慮することで、大学の食の環境改善に取り組む際の基本的な指針が得られます。栄養バランス、予算、飽きのこない味やメニュー、利便性、長期休暇に対応できるフレキシブルな運営体制、衛生面を重視することで、学生や大学関係者に喜ばれる食の環境を実現できるでしょう



 

大学の食サービスの選択肢と事例紹介


食堂

学食は大学の食の中心です。手頃な価格で栄養バランスの良い食事を提供し、学生同士の交流の場としても機能します。しかし、欠点として混雑時の待ち時間やメニューの偏り、食材アレルギーへの対応が挙げられます。


最近の食堂は、安価なだけでなく、雰囲気や味にもこだわる学食が増えてきました。



食堂の事例紹介(東洋大学白山キャンパス6号館の学生食堂)

東洋大学白山キャンパス6号館の学生食堂は、2年連続で学食ランキング1位に輝く、魅力溢れる食堂です。その人気の秘密は、リーズナブルな価格と味・量・栄養バランスに優れたメニューにあります。地下1階には7つの店舗があり、和食から洋食、アジア料理、スイーツまで幅広いジャンルを楽しめるため、食事が決して飽きることがありません。


また、この学食は約1300席の広々とした空間を提供し、昼どきにはほぼ満席の盛況ぶりを見せています。さらに、平日は20時まで営業しており、イブニングコースの学生や一人暮らしの学生にとっても夜の食事が確保でき、食費を節約することができます。


 

カフェ

最近、大学内におしゃれなカフェや本格的なレストランが増えており、学生たちにとっても選びがいのある食の選択肢が広がっています。有名店がプロデュースするようなお店もあり、学生たちが大学選びの際に重要なポイントとなっています。


リラックスしながら勉強や軽食を楽しむことができる利点があります。しかし、欠点として栄養バランスが偏りがちなメニューが多いため、注意が必要です。


カフェの事例紹介(武蔵野大学有明キャンパス「 LOHAS CAFE ARIAKE」)

武蔵野大学有明キャンパス内で営業しているロハスカフェARIAKEは、「身体にやさしく、自然をいただく」をモットーです。間伐材やストロー素材を活用したおしゃれな内装は、学生や職員だけでなく、近隣住民や企業の方々にも人気です。

学生とのつながりを大切にし、環境学部(現:工学部)の生徒たちが店内装飾やコンセプトに参加しています。また、「食の循環」プロジェクトを通じて、野菜クズを堆肥に利用し、栽培した野菜をメニューに取り入れています。



 

弁当

弁当の利点は、レパートリーの多さやすぐに食べられる点の他に、好みに合わせたメニュー選びや持ち運びの容易さが挙げられます。また販売場所は食堂やカフェとは違いどこでも販売できるので検討しやすいというメリットもあります。一方、欠点として売り切れが発生してしまうということがあるのでそこは注意が必要です。



弁当の事例紹介(上智大学の社食DELI)


上智大学の休憩所で営業している社食DELIは弁当デリバリー型の学生食堂サービスです。日替わりの多彩な弁当を取り扱い、飽きずに楽しめるのが特徴です。たくさんの弁当屋の商品を販売するので継続的に飽きない商品を提供するノウハウがあります。



 

キッチンカー

キッチンカーは、多様な料理と新鮮でユニークなメニューを提供する点が利点です。さまざまなジャンルの食材や料理を試せるため、食のバリエーションが増えます。一方で、欠点として場所や時間に制約があることが挙げられます。雨の日は販売することが難しくなったり、販売する場所の近くで電源が必要です。


キッチンカーの事例紹介(東海大学湘南キャンパス)

東海大学湘南キャンパスでは食堂やコンビニの他にもキッチンカーを出店しています。ホームページでは出店スケジュールを見ることができます。




 

大学の食の福利厚生のオススメサービスの紹介


「社食DELI」ならどんな条件にも対応可能

社食DELIは通常価格での販売はもちろんのこと、企業様がお弁当代を一部や全額補助しての販売も対応可能なので福利厚生費の条件に対応した食事補助の導入が可能です。

下のボタンからサービス詳細をご覧ください!



Comments


_DLバナー._001_restored.jpeg
230323_FBbanner_A_01 (1).jpg

カテゴリで探す

最新の記事を見る

お役立ち資料ダウンロード

福利厚生
福利厚生入門書 表紙.png

「”福利厚生”入門書 -社食サービスの選定ポイント付き-」

福利厚生について知っておきたい基本情報

担当者になったらまずは押さえておきたいポイントをまとめました。

​社食サービスの選定ポイントもあるので参考にしてみてください。

bottom of page