top of page

助成金を利用して福利厚生を充実させるには?


社内コミュニケーション活性化

現代の労働環境では、社員にとって福利厚生制度は非常に重要な要素となっています。福利厚生制度が整備されている企業は、社員のモチベーションや生産性を高め、長期的な雇用関係を築くことができます。でも福利厚生制度を導入するためにはコストがかかるものが多く、ハードルが高いですよね。本記事では福利厚生制度に利用できる助成金を紹介します。


目次


 

福利厚生制度の重要性

福利厚生制度とは、労働者に対して、生活を安定させるための様々な手当やサポートを提供する制度のことを指します。具体的には、健康保険や厚生年金、雇用保険、労災保険などの社会保険制度や、退職金、有給休暇、育児休業、教育訓練制度や健康管理制度などが含まれます。

福利厚生制度を導入することで、従業員のモチベーション向上・従業員の定着率の向上・採用の優位性・労働環境の改善・社員間のコミュニケーション促進など様々なメリットがあり、企業にとって福利厚生制度は非常に重要な役割を担っています。



助成金と補助金の違い

助成金と補助金は、どちらも政府や自治体が企業や団体などに対して、支援をするための制度ですが、その内容や支援方法には違いがあります。


助成金は、ある条件を満たした場合に、その活動や事業に対して一定の金額を補助する制度です。助成金は、事業の立ち上げ費用や、新商品や技術の開発費用、環境保全費用などに使われます。助成金は、一定の条件をクリアしなければならないため、その条件に該当しない場合は助成金を受け取ることができません。

補助金は、特定の目的に対して一定の金額を支援する制度です。補助金は、産業振興や地域活性化、人材育成、社会福祉など、様々な分野において使われます。補助金は、ある条件をクリアすれば誰でも受け取ることができるため、その分競争率が高くなり、審査がある場合が多いです。


また、助成金は、一定期間後に報告書や成果報告書の提出が必要である場合が多く、補助金は、支援金の使用目的や進捗状況の報告が求められることがあります。





助成金を利用するメリット

コスト削減になる

助成金を活用することで、企業が負担するコストを減らすことができます。福利厚生の充実には多額の費用がかかることがありますが、助成金を利用することで、その費用を削減することができます。例えば、企業が福利厚生を提供する場合、その費用は全て自己負担になりますが、助成金を活用することで、その費用の一部を補助してもらうことができます。これによって、企業が負担するコストを減らすことができ、経営上の負担を軽減することができます。


充実した福利厚生を提供できる

助成金を活用することで、少ない費用で従業員に福利厚生を提供することができます。助成金がなければ導入しないであろう制度でも、助成金があることでハードルが下がり、導入しやすくなります。福利厚生の充実によって、従業員のモチベーションや定着率が向上し、生産性や企業の成長につながります。


返済不要である

融資とは違い、助成金は返済不要であるため、財務上のリスクを抑えることができます。助成金を活用することで財務上のリスクを抑えることができるため、企業経営において大きな支援となります。


社会的な信用を得られる

国から助成金を受けているということは、それだけ厳しい条件を達成している、労働環境が整備された企業であるというアピールにもなり、厳しい条件をクリアした企業として一定の社会的信用を得ることができます。雇用関係の助成金を受けることは、経営そのものにも非常によい効果があります。


助成金を活用することで、企業が負担するコストを減らし、かつ従業員に福利厚生を提供することができるというメリットがあることから、福利厚生制度の導入に助成金の活用を検討することをおすすめします。



助成金利用の注意点

助成金の利用には注意点もあります。例えば、助成金の申請条件が厳しい場合があります。申請書の書き方や提出期限なども注意が必要です。

また、助成金を受け取るためには、一定の条件を満たす必要があることもあります。そのため、事前に条件や手続きについて確認することが大切です。

助成金が貰える前提で手間やコストをかけて制度を整えても、いざ申請したら助成金が貰えなかったということにならないように気をつけましょう。


助成金の申請代行を請け負っている社労士もたくさんいます。報酬はかかりますが、確実に助成金を貰いたいのであれば利用するのも一つの手です。





福利厚生に利用できる助成金の例

有期雇用労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者の企業内でのキャリアアップを促進するため、正社員化、処遇改善の取組を実施した事業主に対して助成するものです。取り組みの内容によって6つのコースに分かれており、貰える金額はコースによって全く異なります。

・正社員化コース

・障害者正社員化コース

・賃金規定等改定コース

・賃金規定等共通化コース

・賞与・退職金制度導入コース

・短時間労働者労働時間延長コース


「トライアル雇用」は、職業経験の不足などから就職が困難な求職者等を原則3か月間試行雇用し、期間の定めのない雇用への移行のきっかけとすることを目的とした制度で、最大4万円を最長3ヶ月受け取ることができます。取り組みの内容によって5つのコースに分かれています。

・一般トライアルコース

・新型コロナウイルス感染症対応トライアルコース

・新型コロナウイルス感染症対応短時間トライアルコース

・障害者トライアルコース

・障害者短時間トライアルコース


働き続けながら子育てや介護を行う労働者の雇用の継続を図るための就業環境整備に取り組む事業主に対して支給する助成金です。職業生活と家庭生活の両立支援に対する事業主等の取組を促進し、労働者の雇用の安定を図るのが目的です。取り組みの内容によって3つのコースに分かれており、貰える金額はコースによって全く異なります。

両立支援等助成金(出生時両立支援コース)

両立支援等助成金(介護離職防止支援コース)

両立支援等助成金(育児休業等支援コース)


人材確保等支援助成金は、魅力ある職場づくりのために労働環境の向上等を図る事業主や事業協同組合等に対して支援される助成金で、魅力ある雇用創出を図ることにより、人材の確保・定着を目的としています。取り組みの内容によって9つのコースに分かれており、貰える金額はコースによって全く異なります。

・雇用管理制度助成コース

・介護福祉機器助成コース

・中小企業団体助成コース

・人事評価改善等助成コース

・建設キャリアアップシステム等普及促進コース

・若年者及び女性に魅力ある職場づくり事業コース(建設分野)

・作業員宿舎等設置助成コース(建設分野)

・外国人労働者就労環境整備助成コース

・テレワークコース


厚生労働省が設置している制度で、企業が三年以内の新卒者や若年者、中途採用者、障害者など、雇用が困難な人材を雇用した場合に、採用から1年以内に正規雇用に移行させることで支援される助成金です。採用する人物の種類や雇用期間、月額の賃金によって異なりますが、最大で月額5万円まで支給されます。



併せて読みたい!食事に関する補助の関連記事はこちら




助成金を活用して働きやすい職場にしよう!

福利厚生の充実のために助成金制度をうまく活用することで、返済不要な資金が受給できるだけでなく、社内の労働環境整備や企業イメージの向上にもつながります。企業の成長のためにも、助成金を活用しながら働きやすい職場づくりを行いましょう。


「社食DELI」は初期費用をかけることなく企業にデリバリー型の社員食堂を設置することができます。食事の福利厚生制度を導入したいけれど、社員食堂を作るにはコストがかかりすぎてしまったり、スペースが無かったりする企業様などにご好評いただいているサービスです。詳しくは下のボタンからご覧ください!



Comments


_DLバナー._001_restored.jpeg
230323_FBbanner_A_01 (1).jpg

カテゴリで探す

最新の記事を見る

お役立ち資料ダウンロード

福利厚生
福利厚生入門書 表紙.png

「”福利厚生”入門書 -社食サービスの選定ポイント付き-」

福利厚生について知っておきたい基本情報

担当者になったらまずは押さえておきたいポイントをまとめました。

​社食サービスの選定ポイントもあるので参考にしてみてください。

bottom of page